ゴミ箱という商品から離れる【一部部屋公開】

ゴミ箱という商品から離れる|ミニマリスト

こんにちは。

一人暮らしのなかでゴミ箱を何回か買い換えて、
今の形に落ち着いたので、紹介いたします。
ご参考になれば。

今は、ゴミ箱を全て捨てて
生活のメインの部屋では紙袋で代用しています。

もともとは、
オシャレで生活感のないゴミ箱を使っていました。

こういうの。
Francfrancで買った、中が見えにくくて
袋が表に出ないもの。

あとこれも買いました。

ミニマルなデザイン、完全に閉じられて袋が見えないタイプ。

ゴミ箱という商品を買ってきましたが、
毎日ゴミは出て、その度に可燃ごみ袋をしっかり付け替えて。

地味に、中の箱or袋止めを出してセットして…っていうのが
地味に手間で。

高さ的にも場所とるし。

色々と試した結果、
紙袋(オシャレなものw)に落ち着きました。

紙袋だと、下にマチがあって、
上部がすぼむから外からゴミが見えにくい。
ある程度溜まったら、可燃ごみ袋に移して、そのまま戻せばOK。

紙袋が汚れそうな、食べたあとの容器などは
キッチンに吊るしてある黒いポリ袋に、
完全に分けて捨てます。

ゴミ箱にはゴミ箱という商品の中から選ばなければいけないと思っていたので
常識?を疑ってみることも大事だなぁと思いました。

 

ゴミ箱という商品から離れる|ミニマリスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

フルリモートで働くOLミニマリスト。
都内23区一人暮らし / IT企業のバックオフィス

「丁寧じゃない」「めんどくさがり」な、少ないもので暮らすミニマルライフを発信しています。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 「常識?を疑ってみるのも大事」
    確かにそうですね!
    なくなってみると意外と困らないものも多かったりするのかも

  • トビウオさん
    コメントありがとうございます。
    ブログ拝見しました。
    そうですね、特に大人になるほど自分に「これは○○だから必要!」と言い訳するのが上手なってしまいます。
    モノにとらわれないよう、気をつけたいものです。

コメントする

目次
閉じる